さぬき市小田。
小田湾を臨む海通りの道を通り抜け、少し山間に入ったところにある黄色いレンガの古民家。
周りは山と畑、穏やかな景色が広がります。かくれ里「侘」は築100年の古民家を改装し、
瀬戸内の魚と自家栽培の野菜を使った創作和風料理の頂けるお店です。



緑のアーチをくぐって扉を開けると、ロマンスグレーな店主と
素敵なマダムが笑顔で迎えてくれます。侘をオープンして2年。今では名前の通り隠れ家的な存在で、
地元でも有名なお店です。以前は、岡山県倉敷市で鮮魚店と料理屋さんを経営されていました。
魚の見聞き・お料理のアレンジ・味付け、お料理を頂くとお二人が積み重ねてきたものを
感じられる深みのある味わい。お野菜も新鮮で味が濃くまた、訪れたくなるお店です。
この古民家は、店主の父親の里だったそうです。岡山で生まれ、岡山で育った店主が
この古民家を残したいという思いから移住を決意。
奥様のセンスで和と南フランスのインテリアが調和する素敵な空間に生まれ変わりました。
UTSUMIorientalからお嫁に行った家具達もお店の雰囲気を高めています。



そして、移住するきっかけになったのが、お二人の娘さん夫婦でした。
古民家の周りには広大な畑があります。娘さんのご主人が、その畑を使って野菜作りをしたい、
という思いから先に移住。無農薬のお野菜作りが始まりました。
ご主人は大の植物好き。
フラワーショップでも働き、20歳の頃から知人に誘われて野菜作りの経験を重ねていったそうです。
その経験の中で、農薬を使う農業に疑問を抱き、無農薬の農業を自ら模索。現在に至っています。
今は農園 大空のうえんを立ち上げ、お野菜にこだわるレストランや市場にも出荷しています。



農園にお邪魔したのは、8月半ば。夏野菜が生き生きと実っていました。
お野菜と共に育てられたハーブの香り、と野菜の青々しい香り・・・。
気持ちが良いくらいにリラックスできました。
生命力を帯びた野菜と、力強く生きるお二人の姿が重なります。
また、9月20日(金)~23日(月)まで開催するSOCOICHI17に大空のうえんさんが出店してくれます。
お二人が、愛情注いで育てたお野菜です。
お二人に会いに、そしてお野菜を味わいにイベントにお越し下さい。


かくれ里 侘 と大空のうえん
本当に素敵な親子・夫婦です。是非、訪れてみて下さい。


Writer UTSUMIoriental店長。



かくれ里 侘 と大空のうえん
〒769-2103 香川県さぬき市小田738
TEL 087-896-0308  お休み 毎週月曜日 第2・4火曜日
ランチ 11:30~15:00
ディナー(前日までに要予約・4名様以上)17:00~20:00