「朝食の表情」
二人の生活の中心はダイニングルーム。そこには2メーターの古材のテーブルがあります。 大きな窓から差し込む明るい日差し。サラダやパン、ジャムやチーズ・コーヒーもテーブルいっぱいに並べる事が出来ます。古材をパッチワークしたテーブルは1つ1つがパズルのようで、表情も豊か。並べるお皿も相まって、楽しい食卓になります。

L

「昼下がりの表情」
日中は和室に置いたアンティークテーブルで読書。高さ25センチ程しかないテーブル。落ち着いた空間は心にしっくりきます。小さなテーブルなので持ち運びして違う場所でも楽しめます。玄関にはキリム、アンティークスツール。ちょっと置くだけで空間に広がりがでます。

L

「夕食の表情」
何故か、日差しや時刻によって表情が変わる古材のテーブル。夕日にあたると、濃い色合いの表情に。どんどん日も暮れて外は夜景が。二人の贅沢な時間はゆっくりと流れていきます。

L