建物は装飾など少なく、シンプルな空間。そこに大好きな植物とアンティークをコーディネートするのが、このお宅のコンセプト。 「アンティークをキッチンに。」 アンティーク家具をキッチンボードにして、食器や食べ物を置くのに、抵抗がある方は多いのでは・・・。汚れたり、傷んだりしないのか?なんて心配。でもUTSUMIorientalではアンティークこそ丈夫で、気にせず使えると考えています。何故ならアンティーク …

続きを読む

「チベット家具とそれぞれ。」 色彩性と装飾性が高いチベット家具。キャビネットやトランクなど家具や調度品にマンダラが描かれています。インテリアとしてチベット家具を取り入れるのは勇気がいるかも知れません。UTSUMIorientalでは普通の暮らしに使ってもらえるようにお勧めしています。色合い豊かな家具なので華やかさを出したい玄関になど。小さなものでも、とても表情豊かな空間になります。 「お気に入りの …

続きを読む

「朝食の表情」 二人の生活の中心はダイニングルーム。そこには2メーターの古材のテーブルがあります。 大きな窓から差し込む明るい日差し。サラダやパン、ジャムやチーズ・コーヒーもテーブルいっぱいに並べる事が出来ます。古材をパッチワークしたテーブルは1つ1つがパズルのようで、表情も豊か。並べるお皿も相まって、楽しい食卓になります。 「昼下がりの表情」 日中は和室に置いたアンティークテーブルで読書。高さ2 …

続きを読む

2013年6月から古民家再生の工事が始まりました。 私がお邪魔したのは7月頃。築150年の梁や柱の構造が顕になったその姿は悠々と力強く、 150年の眠りから覚め大きく呼吸を始めたようでした。 この古民家の持ち主は学生時代までこの家で過ごし、県外で暮らすことに。 長い月日が流れ、この家に住む人が居なくなった時に再生を考えたそうです。 始めは、ほんの少し外壁や水回りのリフォームを検討していたそうです。 …

続きを読む

コンクリートの壁に無垢材のフローリング。 無機質な素材と有機質な素材が美しく調和された家。 リビング・ダイニングはコンクリートの壁で間仕切られており、 坪庭はリビングとダイニングに面し、窓から差込む日差しがお部屋全体に一体感をもたらします。 ダイニングスペースには古材のダイニングテーブル。施主様が一番に選んだ家具です。 PlainWoodTable DiningType コンクリートの素材感と荒々 …

続きを読む

お庭に三輪車。休日にはデッキに干された上履き。 玄関の前にはシロツメクサでつくられたリースがそっと飾られています。 懐かしいような優しい家の風景。 ぽかぽかと暖かい日差しがぴったりの家族がこの家に住んでいます。 家族で集まるL・D・Kはキッチンを中心として円を書くように、 ダイニングスペース、リビングスペースとつながり、そして廊下へ。 廊下の奥は階段があり、その廊下はキッチンスペースと繋がっていま …

続きを読む

TAKAMATSU FANで紹介した1級建築士設計事務所「室内楽」を主宰する 大野氏が手がけた住宅がまたひとつ2012年10月完成しました。 杉材を前面に張った外壁が印象的なお家。 建物の中央にリビング・ダイニング・キッチンスペースがあり、 その周りに和室・寝室・子供部屋・デッキ・洗面室が配され、 家族が自然とリビングに集まる空間に設計されています。 廊下部分を省くことで、空間を最大限に使えるのも …

続きを読む