建物は装飾など少なく、シンプルな空間。そこに大好きな植物とアンティークをコーディネートするのが、このお宅のコンセプト。 「アンティークをキッチンに。」 アンティーク家具をキッチンボードにして、食器や食べ物を置くのに、抵抗がある方は多いのでは・・・。汚れたり、傷んだりしないのか?なんて心配。でもUTSUMIorientalではアンティークこそ丈夫で、気にせず使えると考えています。何故ならアンティーク …

続きを読む

「チベット家具とそれぞれ。」 色彩性と装飾性が高いチベット家具。キャビネットやトランクなど家具や調度品にマンダラが描かれています。インテリアとしてチベット家具を取り入れるのは勇気がいるかも知れません。UTSUMIorientalでは普通の暮らしに使ってもらえるようにお勧めしています。色合い豊かな家具なので華やかさを出したい玄関になど。小さなものでも、とても表情豊かな空間になります。 「お気に入りの …

続きを読む

「朝食の表情」 二人の生活の中心はダイニングルーム。そこには2メーターの古材のテーブルがあります。 大きな窓から差し込む明るい日差し。サラダやパン、ジャムやチーズ・コーヒーもテーブルいっぱいに並べる事が出来ます。古材をパッチワークしたテーブルは1つ1つがパズルのようで、表情も豊か。並べるお皿も相まって、楽しい食卓になります。 「昼下がりの表情」 日中は和室に置いたアンティークテーブルで読書。高さ2 …

続きを読む

ジャンキーノンキ-さん(以後Gさん)のパンに出会って、1年半程。そのパンを頬張ると、何とも幸せな気持ちになる。本当に美味しいものを食べると、人間ってこんなに幸せになれるのか・・・という程。 これだけパンに愛を注ぎ、また手に取る人まで愛を感じさせるのは、相当な手間暇をかけているから。 『大好きな道具を魅せる』 Gさんのその愛は仕事道具にも注がれています。鍋やボウル、スプーンやお皿。仕事道具、ひとつひ …

続きを読む

9月16日(金)~24日(土)10:00~18:00 期間中は無休 UTSUMIorientalオリジナルで制作しているダイニングテーブル。素朴な自然木の表情が特徴だ。 何故か、そのテーブルにぴったりはまる飛騨高山の椅子。扱い初めて5年になる。改めて思った、飛騨高山に行ってみよう。こんな思いから今回の企画展は始まる。実際作られている環境や作っている人々を見て、手にとる方に少しでも伝えることが出来た …

続きを読む

1年に数回、UTSUMIorientalでは中国・広州に買い付けに行きます。なぜアジアの中国アンティークなのか?それは、もともとアジア家具の輸入から始まったから。独自の買い付けルートを長年探してきました。 アンティーク家具を買い付ける時の雰囲気や空気を少しでも感じて貰えたらと思い、たくさんの写真を並べてみました。 アンティーク家具に出会う時のときめきは一種の一目惚れのような感覚。見た瞬間、ドキドキ …

続きを読む

片岡物産㈱ 代表取締役 片岡弘満 還暦過ぎても尚、新しいことへの意欲、モノ創りの愛情の絶えないミスターダンディ。 木工、大工、左官、設計なんでもこなす社長。モノ創り全般の深い知識があります。 普段は工房で木と向き合う時間が長い社長。お客様とお話するのも大好き。 日曜日は店頭に出てお客様の暮らしの相談にものっています。客様の喜ぶ顔が、次への制作意欲の源。 工房も開放していますので、是非遊びに来て下さ …

続きを読む